人気の釣り具ブランドを一挙ご紹介

>

少しでも高く売るために

高く売るためのコツ

大事にしていた釣り具を、少しでも高く売るために、どうしたらいいのでしょうか。
釣り具を高く売るためのコツをご紹介します。

まず、売りたい物のメーカーや商品名、状態を確認します。
こちらは、無料査定などをしていただく時に、必要な情報です。
そして、釣り具を少しでもきれいに見せましょう。
査定をする前に、ほこりやくすみなどを簡単に落としておくだけで、査定にも差が出てきます。
少しでもきれいに見せるようにしましょう。

あと、大事なのは、付属品の確認です。
付属品があるのと無いのでは、ある方が査定が高くつきます。
特に古い釣り具などは、製造中止している場合があり、付属品が手に入らない場合もあります。
なので、付属品は使わないから捨てよう、ではなく、置いておくと良いと思います。

釣り具の手入れについて

少しでも高く売るために、日ごろから釣り具の手入れをしておきましょう。

釣りに出かけるたびに、海水で汚れたり、塩がついたりしています。
そのまま置いておくと、錆びの原因にも繋がります。
面倒ですが、釣りに行き帰ってきたら、竿やリールを水洗いしたり、ふき取る、磨くなどの手入れをしておきましょう。

釣り具屋さんに行けば、釣り具専用のお手入れグッズも売っています。
なので、そのようなお手入れグッズを活用するのもいいのではないのでしょうか。

このように日ごろから釣り具をお手入れしているのとしていないのとでは、査定の時に大きな差がついてきます。
いつか売る時が来たら、という事を考え、日ごろの手入れを怠らないようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る